人付き合いの悪いパターン

人付き合い。人付き合いって難しい。 「人付き合いは楽しいか」って聞かれたら、「どっちでもない」って答える。人付き合いをする上で距離感っていうものは大事だったりするけど、私はそれがうまく取れない。 許すべきではないことを許してしまったり、そこ…

のへーっ

頭の中がもやーっとして「うわあ。この鬱屈とした気分を吐き出したい。文字を羅列したい。」という気は最近起こらず、最近は、のへーっとした毎日を送っています。「のへーっとした気分って何だよ」という誹謗中傷の言葉は受け付けておりませんが、今の私の…

文字であらわすリズム

人前で朗読をする機会があった。小学生のとき。父にアドバイスを受けた。「ゆっくり、はっきり読むこと。点では一、丸ではニ、数えること。」と。次は、話すときの注意点を知る機会があった。中学に入る前。テレビ番組で聞いた。「間というのは一呼吸置くた…

雨の日ですね

雨が降っています。 テレビやネットなど、機械を通して聞くのではない、本物の雨の音というものを聞くのは果たして何ヶ月ぶりだろうと考えた所ではたと気付きました。何ヶ月も雨が降らないことなぞそうそうなかろうからに、正しくは「雨の音を意識して聞くの…

世界の集まりで世界ができているとしたら

ざぶん。と、海に潜るように、何かに対して深く深くはまっていってしまうものがある。誰にだって、今は潜っていなくたって、そういう対象はあるだろうと思う。そんな対象を一旦、ここでは「世界」と呼ぶことにする。 まわりの人達を見て、いろんな世界がある…

ラジオに出ました。ぷらす、バレンタイン。

どうも。和泉です。今日は何の日か知っていますか?あらら、知っているような顔をした人と、目を逸らしている人がいますね。関係ないと思って、目を逸らさないでくださいよ。では答えを一斉に言ってみましょう。せーのっ。 \ばれんたいんー/ はーい、よく…

こうして何もしない

何かをしようとしても自分の無知、駄目さ加減を思い出し、落ち込んで三日坊主で続かないでいる。 ルールを決めても、一度ルールを破ったら自分に甘くなってしまう。 ルールを破りにくくするようにざっくりとしたゆるいルールにしてしまう。一日二時間はこれ…

て。

小、中、高、と続いていく学校という道なんて普通に通り過ぎていくかと思っていたけど 壁や障害はいっぱいあって いつか両親のように笑って暮らせるかと思ったけど いつも笑っていられるわけでもなくて 少しの間我慢して目の前にある課題を黙々とやれば喜ん…

交換日記企画とラジオの話。

例えば。 私の性格について、人から「真面目だ」と言われることが多い。物事に対してこれは譲れないっていう部分もあるけど、違うある部分では「適当でいいや」っていう考え方もある。むしろ「ものぐさ」と言われるような部分も。じゃあどうして真面目だと言…

たわしが何故「たわし」という名前なのか、理由をググらないで推測で語ってみる

南国にあるような葉っぱっぽいものを束にして作ったものが、たわしができたきっかけとなる。 その葉の束が人形のように見えたことで、子どものようだと言った人がいる。 ところで、たわしを漢字に変換すると「束子」となる。 「束(たば)+子(し)」が全国に広…

年末の自分の状況

お久しぶりです。一週間ほど前、私は「客観的に見るとは、見られている方の自分が見ている方の自分に思い出されている感覚なのかな」だの、「完璧と比べることなど無意味なのかな」だのを、対して色んな状況、パターンも想定せず、ただただ意味といえるかい…

芸術の森

最近遠出した帰りに家族で芸術の森に行ってきたのだけど、その時の写真だけ紹介。 全部の写真はクリックで拡大ね。室生山上公園芸術の森

はろはろー

どうも見られたらどうしようだの、痛い所を疲れたらどうしようだのと考えてしまうのだけど、そういうことは考えずに自分の記録とか自己満足のためにやってると思えばここも気軽に使えるのだろうね。はてなのサービスってなんか身構えちゃうんだよね。なんで…

時間の流速

今はゆったりとした時間が流れてゆきます。それは特に何もすることがないから。毎日がそういう時間なのですから、一日一日と過ぎるごとに焦りも少しずつ募ってゆきます。それが行動の動力になるのですが、いざ目標を持って何かをすると一日が驚くほど早く流…

酔う

私は自分の立場を自覚しなければいけません。私は、喋るだけで調子にのっている立場なのですから、自分の駄目さを思い出してその駄目さに涙を流しているくらいがちょうどいいのです。それでは何もなりませんが、私が「私は駄目人間であるが、駄目だと自覚し…

めんつゆの悲劇

部屋に家族いないし、人がいないと食欲も湧かないし、そもそも食欲あんまりないし、今日は食べなくていいやと思った矢先に目の前にざるそばが飛び込んで来て、「少し食べるか」と麺つゆを取り出したものの、麺つゆが濃縮しているものだということをすっかり…

年賀状

うちの小学校では、はがきサイズの厚紙が1枚5円で売られる。それを年賀状とし、みんなで渡し合おうという、毎年の企画があるのだ。 郵便局を通じる年賀状ではなく、校内だけで通じる年賀状。 普通の年賀状として買う金額に比べればはるかに安く手に入るので…

楽しい楽しい

ああ畜生。バカヤロウ。 ああむかつくむかつく。 特定の誰かに向けて怒っているわけではありません。 何かがあったわけでもありません。 ただ罵倒したい気分になっただけです。特にこれといったことはありません。 こうやって虚空に向けて罵倒していればいい…

特に。

特に話せるような出来事があったわけでもなく、 特に何かをしているわけでもなく、 特に何かを考えているわけでもなく、 特に何かをしようとしているわけでもなく、 特に何かを考えようとしているわけでもない。 ゲームをしてたりネット徘徊して遊んでたりす…

感情が黒歴史となり、黒歴史がいい思い出となりますように。

なんという記事を残してしまったのだろうと嘆きます。その時の感情は黒歴史になります。しかし、黒歴史も、時間が経てば微笑ましい思い出となります。このブログがそこまで来るのは後どのくらい経った頃なのでしょう。 ブログを書いた直後に誤字脱字などのチ…

ぎゃああああああああ

これをしよう。あ、でもやっぱりつらい。やっぱりやめようかな。こんなことでやめるのかよ。わたしだめだな。終わってるな。ああ、なんでまたこんなこと考えてしまうんだろう。わたしがだめだと自覚しないためには何かをやろうなんて思わなければいいんじゃ…

とび出す紙芝居「あかるいまち」

オープニングの音楽に惹かれ、本編の紙芝居で不思議な気持ちになり、そのままエンディングも不思議な気持ちが続く。 魅せられて、何度も見て、頭の中を支配された。 それがこの動画。 YouTube - 【Sawara Yamada】とび出す紙芝居「あかるいまち」 見終えた後…

今まで使ったTwitterクライアントの特徴

今使っているのはTweenとツイタマ。 リスト表示は、TLを見るのには苦手。 Tween、Twit、Janetter、Echofon(Firefox拡張)、ツイタマの特徴を。 Tween Twitter始めた当初から使っている。他のクライアントに浮気はするけど、結局もどってきてしまう伴侶。 カス…

日々の疑問

父の疑問をメモとして書いてみる。 2つともコンビニの話。 店員で、客のお金を受け取ってから商品をわたす人がいる。それにすごく違和感を覚える。客の商品を袋につめる手をわざわざ止めてまでお金を受け取ろうとする店員もいる。買い物とは商品とお金を取引…

ようわからん水飴状の思考

自分の学力に対して諦めている節があるのではと思う。いや、学力というか、勉強しようとしても落ち込んでしまって休んでしまう精神に対して諦めてるのかもしれない。メンタル面弱いのだ。何かやろうとしても考え込んでしまって、数ヶ月続いたとしてもそれま…

思考脱線

本でグロい表現や血が出るシーンを見るたびに力が抜ける。片手で本を持っていられなくなる。それを感じるたびに「ああ、グロいの苦手だなあ。苦手と感じなくなりたいなあ。」と思う。「でも、〈グロいのを苦手と感じなくなったわたし〉は〈今のわたし〉とは…

ドラえもんから現実へ

ドラえもんは時間に追われていた。少し休養が欲しかったが、そんな時間はなかった。 ある日、のび太がひみつ道具を出してくれた。和室の狭い部屋に、どんと置かれた浴槽みたいなもの。浴槽の中は白い煙で覆われ、中が見えなかった。そのひみつ道具は、"今"か…

隊長、自分という存在が見つけられず、本人が無気力状態になっております!

「心理学的に見て、こういう状態のことはこの年代にはよくあることだ」と言われても、「なに!?私の状態を『よくあること』で済まされてたまるかあっ!私はこの状況を打破するぞ!」という気にもなれないようです。 むう、負けず嫌いだったあの根性も残って…

プチプチの魅力

プチプチ。皆が一度は聞いたことがあるだろうし、それで遊んだことのない人はいないだろう。二枚のポリエチレンの間に空気がぽつぽつと入れられたシートで、機械などのデリケートなものを包み、衝撃を和らげてくれるアレだ。あいつは機械を衝撃から救うだけ…

心境変化

数ヶ月前に比べて気分が落ち着き、考え方も明るく変わった。それは気のせいかもしれないし、変わったとしてもほんの少しだけかもしれないが、そう思えるまでになったんだから変わったんだろう。 何かを始めてみたいという願望も強くなってきた。行動したいな…

発見したい

やはり同じことを毎日繰り返しているだけじゃ、新しい発見もないし、何も考えなくなってしまうのではないか。 起きて、パソコンで生配信を見て、ゲームをして、RSSを消化して、Twitter見て、テレビを見て、寝る。 パソコンを通じて情報は入ってこれど、よく…

なあなあ。不安ぶつけていい?

なあなあ、私大学通えるん?やりたいこと見つけて進めるん?就職できるん?仕事で誰かのためになれるん?仕事楽しくできるん?後悔せん?そもそも大学行くん?専門学校でもいいし、やりたいことちゃんとできるんやったら高卒でもいいけど、ちゃんとやりたい…

不毛な自己満足自問自答

うっわーなんかめっちゃ喋りたい!喋りたい!喋りたいけど喋る内容がない!こういうときに文字を適当に並べて数百文字を埋めていたのだっけ。こういう気分になったのは久しぶりだなあ。日曜の朝、家に誰も人がいなくて、そしてシャワーを浴びた後にこういう…

ガラスの破片ににているカケラ

忘れてしまった記憶のカケラはガラスみたいな形をしている。 それは一見透明で、割れたガラスの破片みたい。 カケラは夢の形をしている。その忘れてしまった記憶は夢。 カケラはすぐ消える。忘れてしまった夢はすぐに消える。 夢を見たときに現れる。寝てい…

とびだす

旅に出よう。 交通手段は電車にしよう。操縦、歩くもできっこない。 都会はやだな。人が多い。 田舎がいいな。のんびりしたい。 さあさあ場所はどこにする。 境を超えよう。県またごう。 三重に行こうか、和歌山行こうか 京都へ行こうか、滋賀へ行こうか。 …

ブログの更新チェックや情報収集にRSSリーダーを使うと便利

RSS

「色んな人がブログやってるけど見にいくのが面倒」 「みんながチェックした記事を見たい」 「RSSっていうのは知ってるけど使い方が……」 という方が周りにいたから、RSSリーダーを紹介しようと思う。 RSSリーダーは、ブログとかニュースサイトの更新をチェッ…

ベッドタウン

駅でおじさんが電話で「この辺はベッドタウンだからねー」なんて話しているのを聞いて、なんだか私はビビっときた。ベッドタウン。なんと素敵な言葉だろう。寝る場所の町。私が住んでいるこの町は、ふかふかベッドのような、心安らぐ安心感に包まれている町…

思想文字変換

言葉をこぼした。 考えこぼした。 思想をこぼした。 哲学こぼした。 お風呂の中やねむる前 ぐるぐるぐるぐる考え巡る。 たくさん巡ったその言葉 文字や声にしてみたら 色んなものこぼれていった。 色んなものが落ちてった。 頭の中巡ってたのに。 こぼした言…

逃げる泣く気を使う使われる

たまには逃げてもいいという人がいる。私も逃げているひとの一人だけどさ、逃げてからどうすればいいのかわからないんだよね。焦らないでと言うけどさ、私と同い年の人が毎日学校へ通って色んなことを身につけている間、私は寝てパソコンしているだけだとい…

絡まった糸

なんでブログとかTwitterとかで色んなこと書いてるんだろう。私の考えを書くことによって、人生観の一つでも見つけ出そうとしているんだろうか。いや、ないな。いや、案外あるかもしれない。でもそんなのよくわかんないからいいや。どうでもいいや。私はこの…

自分で質問して自分で答えることに恥ずかしさを全く抱かない

以下、ペイントソフトをいじっていたら60pxくらいの大きい文字で延々とキーボードを打ち続けたものの一部。意味が伝わりにくいところは若干修正、加筆した。 私の考えはお風呂入ってるときに思い浮かんでくる。読書してるときもだ。読書中断して考えに専念す…

トモシビ

提灯は言った。どうか俺を残してくれと。 誰かは言った。君はいつかいなくなる。 提灯は分かっていた。いつかそうなるだろうと、分かっていた。 俺は日常的に使えるようなものとしていられなくなると。 提灯は自分の功績を残してほしかった。 光というあたた…

ロウ11歳

パパが恐竜に食べられました。私は11歳。 ママが幽霊にさらわれました。私は愛に包まれて驚きました。 姉は帰ってきませんでした。私は曖昧な感情に左右されてロウ人形になりました。 私はロウ人形なりに愛想笑いをしました。 ロウだから溶けました。 溶けて…

牛丼をお皿に移し替えよう!

どうも、いーちゃんこと和泉です。 吉野家の持ち帰りの容器って電子レンジで温めても大丈夫らしいね。 それ知らなくて家のお皿に移し替えたの。 面倒だったからこうしたの。 そしたら、その場にいた父や姉に非難の嵐。 父親に「それはないわ!」と言われ 姉…

私と彼女、どっちが大切なの!

「私と彼女、どっちが大切なの!」 「それは世間的に見て、ということだろうか。それとも俺個人としての見解だろうか。世間的に見るとなら、君と彼女に優劣をつけることはできない。人は平等だなどと綺麗事をいうつもりなんてないが、君たちは共に学生だ。世…

すぐ周りが見えなくなる人の駄文

気分が沈んでいる人は目に映るものが若干暗く見えると聞いたことがあります。真偽のほどは分かりませんが。 「君に会えたから目に映るもの全てがきらきら輝いた」みたいな歌詞がいくつかあるけど、歌詞を書いた彼はそれまで気分が沈んでいたってことなんです…

よまれたくない

ちょっと愚痴らせろや。家に父親がいると母親に愚痴れへんねん。母親に全てを言えるというわけでもないしな。あーあ、なんかやだやだ。なんか、出てくる言葉、否定的なことしか出ないときあるよね。気分が沈んでいる時以外はそうでもないんだけどさ、むしろ…

さて、用意するものは頭。これだけです。

さて、用意するものは頭。これだけです。まず、自分の悪口を直接言われているところを想像します。その悪口は、見当違いというほどではありませんが、的が少しずれた指摘です。ですが一度言われれば、次はこちらの攻撃です。「全くの見当違いですね。私はこ…

頭の中の出来事。

泣き叫びたいときは、母親にでも、好きな人にでも抱きついて、嫌なこと、今自分が思っていることを洗いざらい話してしてしまう妄想をする。好きな人いないし、大抵が母親なのだが、頭の中の母親は「うん、うん。」て言って大きく頷きながら抱きしめて、背中…

信用と決定について

聞いてるうちに納得するところがいくつかあっても、100%信用するのはよくない。疑うということを忘れてしまうときはある。 聞いているうちに疑うことがいくつかあっても、100%信用しないのはよくない。 全てを信じようという姿勢はよくないし、全てを疑お…